臭い対策

臭いの強さによって選ぶタイプは違う

(公開: 2010年05月07日 更新: 2015年07月11日)

脇の臭いや汗の臭いが気になる場合、制汗剤を使って臭いを抑えるという方法があります。ドラッグストアやスーパーで気軽に買うことができるので、汗をかく時期はもちろん、汗っかきの人にとっては欠かすことができないアイテムですよね。

その制汗剤ですが、色々な種類があり、香り付きのタイプと無香料タイプがあります。臭いが気になる人の場合、どちらのタイプを選べばよいのでしょうか。

店頭にテスターも置いてあるので香りを確認することができますが、その香りだけで選んでいませんか?ワキガではない人や汗の臭いがあまり気にならないという人であれば、香り付きでも問題無いでしょう。

ですが「臭い対策」として選ぶ場合、香りと臭いが混ざり合い、余計に臭いがきつくなることがあります。最近は様々なタイプのものがあるので、臭い対策として選ぶのであれば、殺菌効果の高いものやワキガ対策用のものにしましょう。

ちなみに臭いがあまり気にならない人が、殺菌効果やワキガ対策用のアイテムを使うと、臭いがキツくなることがあります。まずは自分の脇の臭いがどのくらいのレベルなのかを確認することから始めてください。

用途に合わせて使い分けよう

m015-099
例えば

  • 脇の臭いが物凄く気になる
  • 周りの人から臭いと言われたことがある
  • ワキガということを自覚している

などといった人の場合、使いたい制汗剤は直接お肌に塗ることができるタイプです。ロールやジェル、クリームタイプですね。

そして殺菌効果があり無香料であるということも重要なポイントです。パッケージに「殺菌効果」「銀配合」と記載されていて、尚且つ香りがないものを選びましょう。

逆に臭いが気にならないという人の場合は、パウダーやスプレータイプといった使ったあと、お肌がサラっとするようなタイプがおすすめです。

後は用途に合わせて使い分けるという方法もあります。朝出掛ける時に直接お肌に塗りこむタイプで臭いをしっかりとガードします。

日中汗をかいたら、臭いが気になる前にシートやスプレーを使って対策を取りましょう。こうすることで、臭いの原因を抑えることができます。

制汗剤を使っている人の中には、「朝出かける前にしか使っていない」という人もいるでしょう。ですが正しい使い方として、1日1回ではなくこまめに使うということなのです。